イギリス留学なら[海外留学ナビ]で一括資料請求!イギリス語学留学、イギリスホームステイ、イギリス正規留学、イギリス大学留学、イギリス親子留学を成功させよう。

留学ナビ-留学準備お役立ちサイト-
留学準備は自分にあった資料請求からはじめよう!!
メニュー
ホーム
初めての留学準備
留学エージェントとは?
語学プログラムの選び方
どの国に行く?
アメリカ留学
カナダ留学
ハワイ留学
オーストラリア留学
ニュージーランド留学
イギリス留学
アイルランド留学
フランス留学
イタリア留学
ドイツ留学
スペイン留学
中国留学
留学目的は?
ホームステイ
インターンシップ
語学留学
[海外留学ナビ] ホーム > イギリス留学

イギリス留学は、一括資料請求が近道!

イギリス留学のイメージ写真
イギリスは、英語発祥の地。クイーンズ・イングリッシュを学びたいという方が多く訪れています。
留学生によって語学力も様々なので、自分にあった語学学校を探そう!
イギリス留学を扱う語学学校への一括資料請求はこちら

ご利用の流れ

イギリス留学を扱う語学学校への一括資料請求 STEP1.留学希望条件を入力 イギリス留学を扱う語学学校への一括資料請求 STEP2. 語学学校へ一括連絡 イギリス留学を扱う語学学校への一括資料請求 STEP3. 語学学校から資料が届く イギリス留学を扱う語学学校への一括資料請求 STEP4.ピッタリの語学学校を選んでいざ留学へ!
いざイギリス留学!
今やどこの分野で活躍するにしても、英語は必須のリテラシーと言われます。その英語の発祥の地で学ぶために、世界中から70万人もの人が訪れています。


(1)語学留学
英語発祥の地で、クイーンズ‐イングリッシュを学びましょう。毎年、世界中から数多くの留学生を受け入れているイギリスでは、短期でも、長期でも、バリエーションに富んだプログラムが用意されています。多くの私設の語学学校や、大学付属の機関がコースを提供しています。私設の語学学校も、国の認定制度の配下にあり、質が維持されるように努められています。

イギリス留学の、色々な留学ニーズに応えるために、いろいろがプログラムが目白押しです。逆を言うと、プログラムの内容も費用も語学学校によって千差万別。 よく比較して、自分に合った学校を選ぼう!
>>一括資料請求はこちら(無料!)<<


(2)正規進学
■小学・中学・高校
子供の国際舞台での活躍を願う父兄の多くが、イギリスを留学先に選びます。長年の歴史の中で育まれた知識と教育方法のストックは、世界最高峰と言ってもいいでしょう。全寮制私立学校もあります。

■大学
通常12月に、CAO(Central Application office)に出願。大学進学の予備コースを修了しているか、大学に12年以上在学している必要があります。
12万人以上の留学生が学士号の取得するために学んでおり、オックスブリッジに象徴される、質の高い教育が世界中から留学生を呼び寄せています。

■大学院
応募資格は、学士号を取得していること。イギリスの大学院課程は、極めて密度が濃く、修士号を1年で取得することが可能です。9万人以上の留学生がイギリスの大学院で学んでいます。その定評のある質の高い教育は、高等教育審査機関が監督しており評価内容は公表されています。


(3)ホームステイ
一般家庭に宿泊することで、直接的に異文化に触れることのできるホームステイは、短期の語学留学の滞在方法としても一番人気です。ホームステイはお客様として宿泊するホテルのと異なり、家族の一員としての態度が求められます。貴重な経験となるでしょう。


(4)アロマ/アロマテラピー留学
本場イギリスでのアロマテラピー研修。アロマ初心者はもちろん、日本でアロマテラピー検定の有資格者も、より高いレベルを志してイギリスへ渡ります。リフレクソロジーなどを合わせてホリスティックセラピーを学ぶ人も多いようです。


(5)お稽古留学・フラワーアレンジメント留学
イギリスは花を扱う職業向けに、きちんとした国家資格があるほど、フラワーデザインや花屋さんが日常に根付いています。お稽古レベルから、資格取得を目指す本格的なコースまでありますので、自分の目的にあったものを選びましょう。


(6)親子留学・キッズ留学
親子で楽しくイギリス滞在をしましょう。小さなお子さんの場合は、昼間は幼稚園・託児所にあずけ、夜は子供のいる家庭に親子一緒にホームステイというのが定番です。小学生くらいのお子さんを留学させるのであれば、同年代の子供と一緒の生活をする寮もオススメです。


(7)アート・ファッション・デザイン・インテリア留学
イギリスでは、アート&デザイン分野は裾野が広く、就職先も多岐にわたっています。海外からの留学生も多く、それが活力となっている側面もあります。
学ぶ場所としては、専門学校と美術大学があります。将来その分野での活躍を志し、深いアートに関して深い造詣を得たい人は、美術大学の方が良いかもしれません。


(8)ボランティア
体験ボランティア的なものや、社会福祉の現場に入り込んで本格的な活動をするプログラムまであります。ボランティアですから、遊び半分という訳にはいきません。逆に、真剣に取り組むのであれば、自分磨きの旅になることでしょう。
イギリス留学を扱う語学学校への一括資料請求はこちら

留学先一覧

アメリカ留学
カナダ留学
ハワイ留学
オーストラリア留学
ニュージーランド留学
イギリス留学
アイルランド留学
フランス留学
イタリア留学
ドイツ留学
スペイン留学
中国留学
韓国留学
フィジー留学
   
ぺーじTOPへ

お問い合わせ | プライバシーポリシー&利用規約 | サイトマップ   Copyright (c) 2005-2012 IBI Inc. All Rights Reserved.