オーストラリア留学なら[海外留学ナビ]で一括資料請求!オーストラリア語学留学、オーストラリアホームステイ、オーストラリアワーキングホリデーを成功させよう。

留学ナビ-留学準備お役立ちサイト-
留学準備は自分にあった資料請求からはじめよう!!
メニュー
ホーム
初めての留学準備
留学エージェントとは?
語学プログラムの選び方
どの国に行く?
アメリカ留学
カナダ留学
ハワイ留学
オーストラリア留学
ニュージーランド留学
イギリス留学
アイルランド留学
フランス留学
イタリア留学
ドイツ留学
スペイン留学
中国留学
留学目的は?
ホームステイ
インターンシップ
語学留学
[海外留学ナビ] ホーム > オーストラリア留学

オーストラリア留学は、一括資料請求が近道!

オーストラリア留学のイメージ写真
オーストラリアは、自然が溢れていたり、都会があったりと、地域によって雰囲気が異なります。
自分の希望の学校と合わせて、どんな雰囲気の地域かもしっかりチェックしておきましょう。
一括資料請求はこちら
ご利用の流れ
オーストラリア留学を扱う語学学校への一括資料請求 STEP1.留学希望条件を入力 オーストラリア留学を扱う語学学校への一括資料請求 STEP2. 語学学校へ一括連絡 オーストラリア留学を扱う語学学校への一括資料請求 STEP3. 語学学校から資料が届く オーストラリア留学を扱う語学学校への一括資料請求 STEP4.ピッタリの語学学校を選んでいざ留学へ!
いざオーストラリア留学!
オーストラリア留学は、生活のしやすさ、自然環境のよさなどから、最も人気のある留学先の一つで、古くからワーキングホリデーの地としても有名です。語学留学に、マリンスポーツや、スキーなどのオプションをつけ、短期コースで留学する人や、雄大な牧場でのファームステイが多いのも、オーストラリア留学の特徴でしょう。


(1)語学留学
オーストラリア留学で学ぶ語学は、もちろん英語になります。英語の習得を目的として、世界中から留学生が集まっているので、受け入れ態勢も整っています。語学留学の受け入れ先としては、大きく、次の3つになります。

■大学付属の英語学校
オーストラリアでは殆どの大学で、付属の語学学校をもっています。内容は、基本的には、大学への進学を目指す留学生を想定したものです。

■州立TAFE付属の英語学校
TAFEは州立の専門学校で、語学学校を併設しています。もともとは、TAFEへの進学者を対象とした英語学校なので、長期間滞在が基本となります。

■私立語学学校
各地に、数多くの語学学校があり、地域の自然をいかしたアクティビティが盛んな学校など、各学校工夫を凝らしています。

オーストラリア留学の、色々な留学ニーズに応えるために、いろいろがプログラムが目白押しです。逆を言うと、プログラムの内容も費用も語学学校によって千差万別。 よく比較して、自分に合った学校を選ぼう!
>>一括資料請求はこちら(無料!)<<


(2)スポーツ留学
マリンスポーツ、テニス、ゴルフと様々スポーツのコースが用意されています。

■ゴルフ留学
ゴルフの盛んな国で、ゴールドコーストの周辺には40カ所ものゴルフコースがあり、世界中からゴルフ好きの観光客で賑わっています。本格的なゴルフプログラムを持つ学校もあります。

■ダイビング
シドニーなどアクセスの良い大都市の近くにも、数多くのダイビングスポットがあります。
ケアンズやパースなど、オーストラリアでも雰囲気の異なるスポットがあるので、よく比較してエリアを選ぼう。

■サーフィン
波が高く、しかも都市からスポットが近いこともあり、オーストラリアは、世界有数のサーフィン大国です。


(3)正規留学(進学)
中学・高校は、1月スタートの4学期制になっている。セカンダリースクール(日本の高校1年生まで)と、その上のシニアセカンダリースクールがある。大学へは、各州共通の試験を受けて進学することになります。


(4)ワーキングホリデー
ワーキングホリデービザで、アルバイトをしながら、最長1年間の滞在ができます。18〜30歳まで可能です。長期に滞在しながら、オーストラリアの文化を理解したい人にお勧めです。


(5)ホームステイ
やっぱり、短期の語学留学の滞在方法はホームステイが一番人気。オーストラリア留学で人気のプログラムである、親子留学では、子供のいる家庭を選ぶと良いでしょう。また、ホームステイ先でも積極的に勉強したい人には、英語家庭教師付きが人気です。


(6)ファームステイ
オーストラリアの大自然に広がる農場に宿泊し、動物・植物の世話をしながらゆったりと過ごす一時は最高です。空いた時間では、馬にのって散歩したりと、楽しみ方は色々です。


(7)親子留学
オーストラリアは、一年を通じて過ごしやすい気候で、治安も良く、親子で滞在しやすいので、観光ビザでの短期の親子留学が増えています。農場や、海辺で親子揃ってのホームステイは、良い経験となるでしょう。親が学校に行っている間、子供は幼稚園で過ごさせ、異文化に触れさせるパターンが人気です。親子一緒に学べるプログラムを学校もあります。留学会社で、相談してみると良いでしょう。


(8)看護師留学
オーストラリアでも、看護師は不足しており、外国人看護師の受け入れが進んでいます。
日本の看護師免許の有資格者が、オーストラリアの看護師資格を取得する場合、協会の審査があり、経歴やビザの種類などにより履修すべきコースが異なります。日本での資格を持っていない場合は、大学の看護学部に通常の学生として通うことになります。いずれにせよ、英語力は必須となります。
一括資料請求はこちら

留学先一覧

アメリカ留学
カナダ留学
ハワイ留学
オーストラリア留学
ニュージーランド留学
イギリス留学
アイルランド留学
フランス留学
イタリア留学
ドイツ留学
スペイン留学
中国留学
韓国留学
フィジー留学
   
ぺーじTOPへ

お問い合わせ | プライバシーポリシー&利用規約 | サイトマップ   Copyright (c) 2005-2012 IBI Inc. All Rights Reserved.